不動産一筋36年

■不動産一筋36年の歴史

紙の一戸建て株式会社マイコーポレーションが戸越銀座に店を開いたのは3年前です。
地元のみなさんには新しいお店として知られていますが、実は弊社が開業したのは昭和54年。実に36年の歴史があるのです。
皆様の信頼に支えられ、お客様がお客様を呼んで来てくださって、ここまでやってきました。 
弊社がどんな会社なのか知っていただくために、少し昔話をしたいと思います。

☆最初は畑の売買から

昭和54年に横浜で開業。当時の私は25歳。
このころは、よく畑を買っていましたね。
300坪の畑は、建売にもマンションにも手ごろ。
何枚か買って、建売住宅やマンションを建てました。

☆品川に移転

バブルの直前に五反田に移転。今は賃貸もやっていますが、この頃は売買のみの仲介をしていました。

☆歌舞伎町の土地

kabuki03印象に残っているのは歌舞伎町の土地です。40坪弱の土地ですが、6ヶ月のうちに5回も転売し、5億円の土地が、あっというまに30億円になりました。

☆バブルの怖さ

このころはバブル最盛期。でも、このまま行くわけない、いつか誰かがひどい目に遭う、と思いましたね。

☆バブル後は・・・

バブルがはじけてからは、おとなしーく、細々と仲介を続けていました。
このころ、飲食系の店に手を出してみたりしましたが、やっぱり素人が手を出すもんじゃないですね。
やっかみから税務署に通報され、痛くもないハラを探られたこともありました。

☆お客様に信頼されて

デザーナーズ2弊社はずっと城南地域を中心に売買の仲介をしてきましたが、世田谷の物件で、印象に残っているものがあります。
お父さんが家を私に預けてくれて、弊社で売ったことがありました。その息子さんが、「死んだ親父の時にお世話になった伊原さんに」と、自分の自宅の土地を売る時に弊社に預けてくれたのです。こういうことがあると嬉しいですよね。お客様に本当に喜んでもらえる仕事ができたんだな、と。

中古の一戸建てをリフォームをして売ったり、ビルを1棟売ったり、いろいろなものを扱ってきましたが、みんな、皆様の信頼あってのこと。
不動産屋というと、いいことばっかり言う人が多いですが、私はまず最初に悪いことからお伝えします。ちゃんと悪いことも伝えることが、信頼関係のを築くには必須だと思いますね。